うえむらクリニックロゴ

富田林市・大阪狭山市で
泌尿器科のことなら

うえむらクリニック
金剛駅から徒歩5分 お電話またはご相談
0721-29-5500
パイプカット手術の予約

前立腺について

前立腺(前立腺肥大症・前立腺ガン)について

前立腺について

前立腺は膀胱の下に位置する胡桃大の器官で、その中を尿道が通り精液の一部をつくっています。前立腺の病気として、良性の前立腺肥大症と悪性の前立腺癌が代表的でありますので、以下に簡単に説明します。

前立腺肥大症

前立腺肥大症は高齢男性において頻度の高い一般的な病気である。前立腺肥大症は組織学的には40歳代で25%、70歳代では80%に認める。臨床的には40歳代で10%、70歳代で40%に認める病気である。

正常正常
前立腺肥大症前立腺肥大症
症状
排尿困難、頻尿、残尿感、会陰部不快感など。一般的に病期を以下の3つに分けて表現される。
・第1期(刺激期)
・第2期(残尿発生期)
・第3期(膀胱拡張期)
診断
触診、経直腸超音波検査、PSA検査、尿流量測定等で前立腺癌との鑑別が重要です。
治療
経尿道的前立腺切除術(TUR)

薬物療法は主に「α受容体遮断薬」「高男性ホルモン剤」「漢方薬・植物製剤」があります。手術療法は尿道からの手術とお腹を切る手術がありますが尿道からの手術が主流です。前立腺の手術は当クリニックでは行っておりませんので入院施設のある病院を紹介しております。

排尿障害を悪化させないために 排尿障害を悪化させないために

前立腺ガン

前立腺癌は現在男性悪性腫瘍の中で、胃癌、大腸癌、肺癌についで4番目に多いが2020年には肺癌に次いで第2位になると予想されており、これは男性の癌の中で最高の増加率である。

症状
初期は無症状。進行すると頻尿、残尿感、排尿困難、血尿等の前立腺肥大症とよく似た 症状を呈する。
診断
触診、経直腸超音波検査、PSA(前立腺特異抗原)検査を行い癌が疑われる場合は前立腺生検を行い組織診断で確定します。

経直腸超音波検査

経直腸超音波検査

簡便で詳しく前立腺を観察することができる検査方法で癌の診断に役立ちます。左が前立腺肥大症、右が前立腺癌。

PSA

前立腺癌の腫瘍マーカーのもっとも代表的で信頼性の高い物質です。正常値は4.0ng/ml以下です。4.1〜10.0をグレーゾーンといわれその中の20~30%に癌が含まれるとの報告がありますので触診や超音波検査で異常がある場合は前立腺生検を勧めております。10以上は癌の確率が高くなりますので前立腺生検が必要です。

前立腺生検

前立腺生検

当クリニックでは、硬膜外麻酔のひとつの仙骨孔麻酔で痛みを抑えて行っております。前立腺を直腸から超音波で観察し、安全に12ヶ所の組織を採取します。同時に膀胱尿道鏡も行います。日帰りで検査が可能です。組織検査の結果は、1週間で判明します。

治療

内分泌療法

前立腺癌が進行するときに男性ホルモンがはたらいていることから、男性ホルモンの分泌を抑えて癌を小さくする治療です。

手術療法

癌組織が前立腺に限局し比較的若い人が適応になります。

放射線療法

放射線を前立腺に照射し癌細胞を死滅させる治療法です。体外から照射する方法が一般的です。最近は周りの臓器に影響を与えないような装置が開発され以前より副作用が少なくなってます。一部の施設では密封小線源療法といって前立腺の組織内に放射性物質を留置する治療が行われております。